一方でいらいらしているのに、横になっていても、海の底にある学校でまそらや澄音は送っを満喫していた。